日本ではデビットカードは普及しないって本当?

日本ではデビットカードは普及しないって本当?

現金が信用されている国

海外では、偽造紙幣などが多く出回るなど治安面に問題がある事が多く、ショップにとっては高額紙幣を受け取ることは大きなリスクを伴っています。しかし、日本ではそうした問題は極めて少ないですし、5000円や1万円という高額紙幣で支払っても、それが偽造紙幣でないかと疑う人はほとんどいません。また、実際に偽造紙幣である可能性も極めて低い安全な国なのです。現金に対する信用がとても高い日本においては、クレジットカードを使う必要性を感じないことが多いため、欧米諸国と比べるとデビットカードの普及はゆっくりなのかもしれません。

電子マネーが先に普及

日本国内でも、小さな買い物をするのに紙幣で支払うことで、おつりとして受け取る小銭が邪魔になってしまうという問題は以前からありました。スーパーやコンビニなどで小さな買い物をすることが多い日本では、この小銭対策として電子マネーが早くから取り入れられていて、クレジットカードを使わなくても電子マネーで簡単に支払いができるシステムが完備されています。また、数百円、場合によっては数十円程度の買い物をVISAやMASTER、JCBなどのクレジットカードで決済する人は少なく、小銭を使うことが多い人にとってはデビットカードよりも電子マネーの方が圧倒的に便利ということになります。こうした電子マネーが普及していない欧米諸国では、数十円単位の買い物でもデビットカードを使うのが一般的になっているため、そうした文化の違いも日本でデビットカードがなかなか普及しない理由と言えるかもしれません。

対応している銀行が少ない

欧米諸国ほどにデビットカードが広く普及しない理由には、対応している銀行がまだまだ少ないという現状も考えられます。銀行の中には時代の流れに伴ってデビットカードを発行したけれど、使い勝手が悪かったり、クレジットカードと電子マネーがあればデビットカードは必要ないという人が多かったりして、発行を停止した金融機関もたくさんあります。現在では、都市銀行や地方銀行合わせて9行(2015年12月現在)がデビットカードの取り扱いを行っています。