デビットカードは何歳から持つことができるの?

デビットカードは何歳から持つことができるの?

クレジットカードは基本的には成人が対象

クレジットカードを作りたいなと思っても、20歳未満の未成年の場合には保護者の同意がなければ作ることはできません。内緒で申し込んでも、審査の段階で保護者に連絡が入り、同意していることを確認できなければ審査落ちすることも多いものです。未成年でも学生の場合には、18歳以上の学生を対象とした学生カードなどがありますが、この場合にも保護者の同意が必要になるケースが多いため、日本国内においてはクレジットカードを持ちたくても未成年だと保護者の同意は必ずいると言っても過言ではありません。そのため、親が反対している人にとっては、カードを作りたくても作ることができず、ネット通販を楽しみたくてもカード払いができなければ無理という事にもなってしまいます。

キャッシュカードなら高校生から作れる

一方、デビットカードの場合には銀行口座を開設することによって自動的に発行されるキャッシュカードで、審査などが行われるわけではありません。VISAやMASTERのロゴがつくことによってショッピングやレストランでの飲食の支払いに使えるというメリットがありますが、クレジットカードのように信用後払いというわけではないため、銀行にとっても低リスクで発行しやすいという安心感があるわけです。そのため、クレジットカードではどうしても発行対象外になってしまう高校生でもデビットカードなら持つことができますから、高校生でカードを持ちたいという人にとって、デビットカードはクレジットカードよりも早く作れる便利な一枚ということになります。

銀行口座があれば定年退職者でもOK

クレジットカードの審査では、返済能力をチェックされるわけですが、そこで安定した収入があるかどうかを調べるために雇用形態や収入、勤務先などが細かくチェックされます。そのため、すでに定年退職している年金暮らしの人だと、クレジットカードを作りたくても信用に問題ありと判断されて審査落ちすることも多いものです。しかしデビットカードなら審査がないので高齢の人でも年齢に関係なく作れるのが魅力です。