デビットカードは無料?

デビットカードは無料?

キャッシュカードは無料だけれど

クレジットカードよりも利用金額の管理がしやすいことで人気急上昇のデビットカードですが、全ての金融機関で取り扱っているというわけではなく、まだまだ取扱銀行の数は少ないのが現状です。銀行によっては口座開設に伴って発行するキャッシュカードが自動的にデビットカードになる場合もありますし、利用者が従来のキャッシュカードか最新のデビットカードかを選択できる場合もあり、金融機関ごとに取り扱いは異なっています。基本的に、口座を開設した時に発行してもらえるキャッシュカードは、どの金融機関でも年会費などがかかることはなく、どのような場合でも永久無料となっていることが殆どです。しかしデビットカードの場合には、キャッシュカードのように年会費は一切かからないという銀行もありますが、場合によっては年会費が発生する場合もあるので注意が必要です。

年会費が無料なのはココ

デビットカードを発行してもらって年会費が一切かからない銀行には、2015年12月現在でスルガ銀行、ジャパンネット銀行、あおぞら銀行、イオン銀行の4銀行となっています。楽天銀行やりそな銀行などデビットカードを取り入れている他の銀行でも、初年度の年会費が無料になったり、いくつかの利用条件を満たせばその年の年会費が無料になったりするサービスをしているので、実質毎年無料で利用できることもあります。

どの銀行がおすすめ?

デビットカードを利用するために銀行口座を開設したいという人は、デビットカードを取り扱っている銀行の中からライフスタイルやロケーションなど利用し易さに合わせて銀行を選ぶと良いでしょう。デビットカードが無料というだけで選んでしまうと、銀行口座を利用し難かったり、ATMの手数料が毎回取られたりして不便なことも多くなってしまうかもしれません。銀行として利用しやすいかどうかを考えながら選ぶのがポイントです。近年では住んでいる地域に関係なく便利に利用できるネット支店などもあるので、選択肢の幅はたくさんあります。