オンラインデビットとオフラインデビットの違い

オンラインデビットとオフラインデビットの違い

基本的にはデビットカード=オンラインデビット

デビットカードには、利用するとリアルタイムで銀行口座から利用金額が引き落とされるタイプのオンラインデビットと、クレジットカードのように後日引き落とされるタイプのオフラインデビットという2種類があります。すべてのデビットカードがどちらにも対応しているというわけではなく、多くの場合にはオンラインデビットのみに対応しているため、日本国内においてはデビットカード=オンラインデビットと考えると良いでしょう。

オフラインデビットとは

オフラインデビットとは、決済が手書きの伝票だったり、携帯電話の支払いのように毎月発生する利用料金の支払いなどに対応していたりするデビットカードのことです。クレジットカードのように支払いが後払いになるので対応していない銀行はとても多いのですが、オフラインに対応しているカードを使うと実際に利用してから引き落とされるまでに1ヶ月ぐらいの日数がかかってしまうことがあります。銀行にとっては一時的でも、銀行残高があるかどうかわからない状態で「信用貸し」ということになってしまうわけで、場合によっては支払い不能などのトラブルが起こるリスクを持っています。

知らない間にオフラインデビットになっていることも

基本的には利用したらリアルタイムで銀行口座から引き落としがかかるデビットカードでも、気づかない間にオフラインデビットとして取り扱われていることはあります。例えば、ガソリンスタンドでの利用や高速道路の通行料支払い、または少額での利用の場合には、オンラインデビットでも引き落としまでに数日間のギャップが発生することがあります。また、携帯電話の料金支払いにVISAやMASTER、JCBなどのロゴが入ったデビットカードを利用する場合にも、電話を利用するたびに料金が発生するというわけではなく毎月まとめて利用料金を支払うわけですから、オフラインデビットで払っているということになります。