デビットカードはどんな人にオススメ?

デビットカードはどんな人にオススメ?

現金を持ち歩きたくない人

デビットカードがあると、銀行口座に残高がある限りはクレジットカードのようにショッピングやレストランでの飲食の支払いに使うことができます。現金をお財布に入れて持ち歩くことに抵抗がある人や、外出の際に十分な現金がお財布に入っているか心配な人にとっては、デビットカードが一枚あれば銀行口座の残高を超えない限りは現金がなくてもカード払いができるので、とても便利です。現金のみのショップなどでは使うことはできませんが、VISAやMASTERを受け付けているショップでなら現金の代わりとして使うことができるので、ATMに足を運ぶ頻度も減るはずです。

クレジットカードが持てない人

デビットカードは、銀行口座のキャッシュカードにVISAやMASTERのロゴをつけて使いやすくしたものです。後払いではないのでカードを申し込んでも審査が行われる必要はなく、クレジットカードの審査になかなか通らない人にとってはとても便利なカードと言えます。デビットカードもクレジットカードも、実際にショッピングなどでの支払いで利用する場合には現金がなくても利用できますし、ホテルでの宿泊やレンタカーなど、カードがないと利用しづらい施設でも不便を感じることがありません。

使い過ぎたくない人

デビットカードは、銀行口座の残高が利用上限額となり、利用した分はリアルタイムで銀行口座から引き落とされるのが特徴です。クレジットカードのように、ついつい使いすぎてしまって返済の時に困るというトラブルが起こる心配がありませんから、カードを便利に使いこなしたいけれど使いすぎてしまうのは避けたいという人にとっては、デビットカードはまさに理想的なカードと言えるでしょう。クレジットカードでの支払いになれていると、カードを使わずに十分な現金を持っているか確認しながら買い物をする「現金払い」に戻るのはなかなか面倒なものです。しかしデビットカードがあれば、自分の持っているお金の範囲内でやりくりする習慣を身につけることができます。